簡単に太る方法、

逆に言うと痩せたいなら、絶対にしてはいけないことです。

それは朝食をとらないことです。

朝食を抜くと太る理由

朝起きたとき、前日のエネルギーは残っていません。

すると筋肉をエネルギーとしてつかってしまいます。

なので、朝食を抜くと筋肉が分解されて、筋肉量がおち基礎代謝が下がるのです。

昼ごろまで何も口にしないと血糖値は下がります。

そして、次に食事をすると血糖値は一気にあがります。

そして、身体に脂肪を貯めるホルモンインスリンが過剰に分泌されて、脂肪をどんどん溜め込みます。

しかも、血糖値の乱高下は一日中続くのです。

ですから、血糖値の乱高下を防ぐには、朝食をとるのが不可欠なのです。

まとめ

朝食をぬく

筋肉がエネルギーに使われる

基礎代謝が下がる

血糖値が下がる

次に食事をすると、血糖値が一気にあがる

脂肪を溜め込むインスリンが一気に分泌される

しかも1日続く。

太りやすい習慣と体質になる。