子供の目が悪くなってきたんじゃないかな?と思ったら。

毎年、春や秋になると、小学校の視力検査などで、お子様の視力が下がっていることに気がつく人も多いです。

キッズ

視力の低下は人生に関わる大きな問題。

視力の低下はお子様の人生に関わる大きな問題です。

もし、視力の低下が判明したら、素早く対策をうちましょう。

子供の変化に気づきましょう。

目をよくこすっている
目を細める癖がある
ゲームや本をものすごく近づけて見ている。
体を傾けてテレビをみている

このようなサインは視力低下の合図。

万一、病気であればいけないで、あまりにひどい場合は病院に行って検査をしましょう。

病気でなければ

病気でなければほとんどの眼科ではそれ以上の治療はありません。

あっても、「点眼で様子をみましょう」くらいです。

もし、病気でなく、視力が下がっていれば、視力回復のトレーニングをする必要があります。

視力回復には子供の視力回復法がおすすめです。

子供の視力の特徴は?

子供の視力は非常に不安定です。

大人になってからどんどん視力が悪くなった。なんていう話は、病気と老眼以外は殆ど聞きませんよね。

多くのひとは小学生から高校生くらいの間、つまり体が大人になる期間でどんどん視力が低下していきます。

また、その視力が低下している間は自覚症状がないというのも特徴です。

子供の近視は早期ケアで回復します。

子供の近視は適切なケアで回復します。

しかし、放っておいたり、適切なケアをしなければ、近視は悪化する一方です。

子供の近視を回復するために気をつけるポイントです。

・生活習慣を見直す。ゲームなど目を酷使する遊びは、1時間毎に休憩をとりましょう。

・スマホも時間を決めましょう。

・日常でもでいるだけ正しい姿勢を。

・勉強も適度に休憩をいれましょう。

子供と一緒にできる視力回復トレーニング!

目の調整力を回復させるには目に酸素と栄養を送ることです。

深呼吸をして、体にきれいな空気を取り込みましょう。

深呼吸のこつ

まずはリラックスした状態をつくります。

椅子にすわってもあぐらを書いても、仰向けに寝ても良いです。

しかし、背中を丸めてはいけません。

背中を丸めると肺がしぼむので、背筋を伸ばして、肺に充分に空気を入れられる状態にします。

大きく両手をあげて、まずは息を吐きます。

吸うではなくて、余分な空気を全て吐き出します。

そして体をノビたまま目を閉じて、鼻から空気を大きく吸い込みます。

次に肩の力を抜きながら、息を吐き出しつつ、口からゆっくりと息を吐いていきます。

まばたきのトレーニング

適度にまばたきを行うと、視神経によい刺激を与え、うるおいを与えます。

前を向いて、自然な感じで1秒に1回瞬きをしましょう。

これを15回つづけてまばたきします。

次は1秒間に1回瞬きしましょう。

目を上下左右に動かすトレーニング

目をぎゅっととじ、次にぱっと開きながら、左の方を3秒から5秒ほど見ます。

同じように、目をぎゅっととじ、次にぱっと開きながら、右の方を3秒から5秒ほど見ます。

次は目をぎゅっと閉じて、下の方を3秒から5秒ほど見ます。

最後は、同じように目をぎゅっと閉じて、上の方を3秒から5秒ほど見ます。

この運動を1分間で2回ほど繰り返します。

子供の視力回復/食べ物・本・口コミ・サプリ 本当に効果があるのは?
子供の視力回復/食べ物・本・口コミ・サプリ 本当に効果があるのは?
より

視力回復トレーニングには「遠近トレーニング」「眼筋トレーニング」「明暗トレーニング」などがあります。

子供の視力回復を選ぶポイントは?

子供は飽きっぽいです。

子供の視力回復をするには子供の視線で視力回復法を選ぶことが大切です。

子供の視力回復をするには子供の視線で考えてあげることが大切です

子供はあきっぽいので親子で取り組むトレーニングをお勧めします

子供と一緒に 目標を作ってトレーニングに取り組むことで子供を飽きさせることなく視力回復をすることが可能です

子供の視力は眼科で回復する?

子供の視力が低下したら、眼科に行くのは適切です。

しかし、基本的に眼科では近視は直すことはできません。

眼科は目の病気の専門家ですが、視力回復のトレーニングの専門家ではありません。